外断熱の家造り

外断熱の家のよくある疑問

外断熱の家のよくある疑問

外断熱の家のよくある疑問 外断熱で建設した住宅は高い気密性などの効果で、光熱費を抑える事が出来るなどたくさんメリットがあります。
しかし、実際に住宅の建設を考えた場合、建設費用は従来の工法と比較してどうなるのか、建設期間は同じなのか、依頼する業者によって差が出ないのか、などの疑問が生じてきます。
従来の工法と比較して、外断熱で住宅を建設した方が費用は高くなります。
費用が高くなる理由は、従来の工法と比較すると建設するための技術の差です。
満足のいく住宅を建設するためには、必要な材料や高い技術が必要になるため費用が高くなります。
建設期間も、従来の工法よりも長くなります。
高い気密性などが必要になる外断熱の住宅建設は、工期を短縮して建設する事が出来ません。
最大限に性能を発揮するためには、高い技術で確実に建てなければなりません。
外断熱の住宅建設には高い技術が必要になるため、依頼する業者によっては性能を最大限に引き出す事が出来ない可能性があります。
そのため、業者の選択も非常に重要な事になります。

日本で外断熱の家が少ない理由

日本で外断熱の家が少ない理由 外断熱とは、外からの熱を防ぐ住宅の仕組みです。
外壁材を断熱材にすることで、夏場の暑い日差しを室内に入れることなく気温の上昇を防ぐことができます。
その結果、家の中では外ほどの暑さはなく快適に過ごすことができます。
それだけでなく、夏場の暖房代も少なくて済むため、家計にやさしいと言えるでしょう。
ですが、日本ではあまり外断熱の住宅が多くありません。
その理由は、従来から間口が広い住宅の設計をしていたからです。
その結果、外からの風が室内に入りやすく、暑さをしのぐことができます。
ただし、これは隣の家との間隔が広い住宅にはメリットがありますが、隣の家と間隔が狭い都会の住宅であれば、間口が広いメリットはありません。
このような現代の住宅環境においては従来からの間口の広い工法のメリットを受けることはそれほどないでしょう。
それよりも、密集している住宅環境においては、外断熱を利用することで夏の暑さをしのぐことができます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>