外断熱の家造り

外断熱が支持される理由

“外断熱”が支持される理由

外断熱が支持される理由 住宅の断熱の方法としては、内断熱と外断熱という二つの種類が、その主なものとして挙げられます。
内断熱には建設時のコストが低いというメリットがあり、基本的にこれを選択する業者が多かったのですが、近年では外断熱への支持が断熱が高くなっています。
その理由の前になぜ断熱が必要なのかをまず考えると、外の気温がかなり高かったりまた逆に低かったりする場合に、住宅の中に与える影響を少なくしないと快適に過ごせないからです。
そして内断熱は柱などの建物の構造材の間に断熱材を入れる方法であるのと異なり、外断熱は立てて物の外側を覆うように断熱材を使用するという方法です。
そのため外部の気温の影響を受けにくく、また断熱材の隙間ができないので、その中の熱の損失率が低いというメリットがあるという点が、外断熱の支持が高くなっている大きな理由です。
また建設時のコストが高いと言っても、住み始めてからは、エアコンで家の中を快適な温度にするためのコストが少なくて済むので、長い目で見るとお得だと言える点もその理由の一つとなっています。

外断熱・自由設計・木造注文住宅・リフォームについて

外断熱リフォームについて 外断熱材は、鉄筋コンクリート造や木造住宅といった建築物に張る断熱シートです。
このシートは特殊なもので、外気によって家を冷ましたり温めないようにします。
建築にかかるコストが内断熱と比べ高くなる欠点がありますが、結露ができにくくなったり家の気密性が高くなる利点があります。
家本体だけ外断熱にして基礎部分は内断熱工法を採用する方法もありますが、基礎部分にあるコンクリートと土台の温度差によって結露ができカビが発生しやすくなります。
基礎を内断熱にするのはシロアリ対策のためという方がいますが、そこを外断熱にすることで乾燥状態になりシロアリは発生しなくなります。
しかし、環境問題で取り上げる温暖化の影響で冬場に多く発生するアメリカカンザイシロアリは乾燥した材木を好むため、どのみちシロアリ対策はどの家庭でも必要です。
シロアリ対策をすると折角外断熱工法を採用しても、満足度の高い断熱を実感できなくなってしまうので注意しましょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>